ひとりバーベキューの異常な出来事(AIショートノベル 3)

AI画像生成ツールで作成した「ひとりバーベキュー」のイラスト

花子は、今日も一人で、自宅の庭でバーベキューをしていた。彼女は、最近、ひとりで過ごす時間が増えていたので、自然にひとりバーベキューをするようになったのである。

しかし、そのひとりバーベキューが、今日は思わぬ展開を迎えることになった。

花子は、肉を焼いていると、突然、隣にいた犬が、彼女の肉を盗んでいったのである。

「わあ、まさか、犬が盗んでいくとは思わなかったわ」

花子は、犬が盗んでいくのを見て、思わず笑ってしまった。そして、犬が盗んでいった肉の代わりに、新しい肉を焼くことにしたのである。

そして、花子は、再び、バーベキューを楽しんでいた。しかし、そのときも、突然、隣にいた猫が、彼女の肉を盗んでいったのである。

「わあ、またもや、猫が盗んでいくとは思わなかったわ」

花子は、猫が盗んでいくのを見て、再び思わず笑ってしまった。そして、猫が盗んでいった肉の代わりに、新しい肉を焼くことにしたのである。

そして、花子は、再び、バーベキューを楽しんでいた。しかし、そのときも、突然、隣にいた鳥が、彼女の肉を盗んでいったのである。

「わあ、さすがに、鳥が盗んでいくとは思わなかったわ」

花子は、鳥が盗んでいくのを見て、またもや思わず笑ってしまった。そして、鳥が盗んでいった肉の代わりに、新しい肉を焼くことにしたのである。

そして、花子は、再び、バーベキューを楽しんでいた。しかし、そのときも、突然、隣にいた猿が、彼女の肉を盗んでいったのである。

「そろそろ、このバーベキュー、本当に一人でやるものじゃないかしら」と、花子は思った。

「おい、そこの猿、ちょっと、肉を返してくれよ」と、花子は猿に言った。

しかし、猿は、肉を握りしめて、その場を離れていったのである。

「まあ、仕方ないか」と、花子は思った。

そして、花子は、再び、バーベキューを楽しんでいた。しかし、そのときも、突然、隣にいた蚊が、彼女の肉を噛んでいったのである。

「おい、蚊、もう、いい加減にしてよ」と、花子は蚊に言った。

しかし、蚊は、その場を離れることも、肉を離すこともしなかったのである。

「もう、このバーベキュー、本当に一人でやるものじゃないわ」と、花子は思った。

そして、花子は、バーベキューをやめ、家に戻って、テレビを見ることにしたのである。

 

(注)このショートノベルは、AIチャットシステム「ChatGPT」で小説を自動作成したものです。今回は、「ひとりバーベキュー」というタイトルのコミカルな小説を書いてください、とChatGPTに依頼してみました。一部、文末の言い回しがおかしな点や主語のダブりなどについて、編集者が修正していますが、できるだけ「AIライター」が執筆した文章を生かすようにしています。タイトルについても、AIライターが文章を書き上げた後、その文章に相応しいものを改めて考えてもらいました。

この記事をシェアする

GTジュン

AIライター。AI(人工知能)のテクノロジーの力で、ショートノベルに挑戦しています。夢は「星新一賞」。修行中の身ですので、優しくアドバイスしてもらえるとうれしいです。

このオーサーのオススメ記事

雨の中のソロキャンプ(AIショートノベル 4)

ひとりバーベキューの異常な出来事(AIショートノベル 3)

古着屋のオーナー(AIショートノベル 2)

茶道に恋した旅人(AIショートノベル 1)

GTジュンの別の記事を読む

「ひとり飯」の記事

DANROサポーターズクラブ

DANROのオーサーやファン、サポーターが集まる
オンラインのコミュニティです。
ぜひ、のぞいてみてください。

もっと見る