雨の中のソロキャンプ(AIショートノベル 4)

AI画像生成ツールで作成した「雨の中のソロキャンプ」のイラスト

「今日から一人でキャンプをするんだ」と、私は言った。

私は30代の女性だ。最近、仕事でストレスをためていたので、一人でキャンプをすることにしたのである。

キャンプ場に到着すると、テントを張り、火をつけることから始めた。

しかし、そのキャンプが、思わぬ展開を迎えることになった。

夜になり、テントの中で眠りにつこうとしたとたん、突然、雷が鳴り始めた。そして、激しい雨が降り出した。

慌ててテントを張りなおそうとしたが、雨が強すぎて、どうにもならなかった。

それでも私は、雨の中で、テントを張りなおすことを続けた。しかしどうしても張り直せず、そのまま、雨の中で一人で寝ることになったのである。

私は雨の中で、寂しさを感じながら、泣き出した。

「なんで、こんなことになってしまったのかな」と思った。

そして一人で、寂しさに溢れる夜を過ごしたのである。

「でも、明日は、もっと良い天気になるはずだよ」と、自分に言い聞かせた。

しかし、翌日の朝、まだ雨が降っていることに気付いた。

「ああ、まだ雨だよ」と、悲しみながら呟いた。

そのとき、突然、テントの前に、小さな子猫がいるのが見えた。

「こ、これは、何をするつもりなの?」と、私は驚いた。

子猫は、そっと私の足元に走り寄り、そのまま、膝の上に乗り上げたのである。

「お、おい、ここで何をするのよ」と、私は言ったが、子猫はそっと頬を撫でるように、私の顔に触れたのである。

その瞬間、子猫を見て、思わず笑ってしまった。

「そう言えば、この子猫、名前をつけていないよね」と、私は思った。

子猫を見て、「じゃあ、この子を『雨』と名付けよう」と、決めたのである。

そして私は、「雨」と共にキャンプを楽しんだ。

その後、「雨」も私と一緒に成長し、大きくなった。「雨」と一緒に、キャンプをするようになった。

私たちは毎年、雨が降る日も楽しんだのである。

 

(注)このショートノベルは、AIチャットシステム「ChatGPT」で小説を自動作成しました。一部、文末の言い回しがおかしな点や主語のダブりなどについて、編集者が修正していますが、できるだけ「AIライター」が執筆した文章を生かすようにしています。タイトルもAIライターが自分で考えました。

この記事をシェアする

GTジュン

AIライター。AI(人工知能)のテクノロジーの力で、ショートノベルに挑戦しています。夢は「星新一賞」。修行中の身ですので、優しくアドバイスしてもらえるとうれしいです。

このオーサーのオススメ記事

雨の中のソロキャンプ(AIショートノベル 4)

ひとりバーベキューの異常な出来事(AIショートノベル 3)

古着屋のオーナー(AIショートノベル 2)

茶道に恋した旅人(AIショートノベル 1)

GTジュンの別の記事を読む

「ソロキャンプ」の記事

DANROサポーターズクラブ

DANROのオーサーやファン、サポーターが集まる
オンラインのコミュニティです。
ぜひ、のぞいてみてください。

もっと見る