古着屋のオーナー(AIショートノベル 2)

AI画像生成ツールで作成した「古着屋」のイラスト

六郎は満腹で満足したように、中目黒の街を歩いていた。路地を曲がると、駅前通りが見えてきた。「まだまだ歩けるな」と思ったが、もう少し街を歩いてみようと思った。

いくつかの店を見て回ったが、どこもちょっと物足りない感じだった。「この街、どこがおしゃれなんだろう」と六郎は思った。そうして、さらに街を歩いていると、ある店が目に留まった。

そこは古着屋だった。「おしゃれな街には、古着屋が必要だ」と六郎は思った。店に入り、店員に話しかけた。「この古着屋、いかがですか」「とても良いですよ」と店員は答えた。

六郎は、店内を見回した。そこには、様々な古着が並んでいた。気になる古着を探したが、なかなか見つからなかった。「この古着屋、結構高いものが多いな」と六郎は思った。

そして、六郎は、店のオーナーに会った。「こんにちは。私がオーナーです。お探しの古着はありますか」「いいえ、そうではありません。ただ、古着屋を見ているだけです」と六郎は答えた。

「そうですか。じゃあ、お役に立てるものはないかと思います。どうぞ、お好きなだけ見てください」と、オーナーは言った。六郎は、店をさらに見て回った。そして、気になる古着が見つかった。

「この古着、いかがですか」

「これは、とても良い品です。でも、高いですよ。お金がない場合は、他の古着を探してみてください」

と、オーナーは言った。六郎は、少し悩んだが、その古着を買うことにした。

「ありがとうございます。この古着、気に入っています」

と六郎は言った。

店を出て、中目黒の街を歩いた。その古着を着て、街を歩いた。「古着、いいものだな」と六郎は思った。そして、街をさらに歩いていたとき、古着屋のオーナーと再び会った。

「こんにちは。今日は、お買い物ができましたか」

「はい、お買い物ができました。この古着、気に入っています」

「そうですか。よかったですね。それでは、またのお越しをお待ちしております」

六郎は、中目黒の街をさらに歩いた。古着を着て、自然とおしゃれな雰囲気になったように感じた。

「古着、いいものだな」と六郎は思った。そして、中目黒の街をさらに歩いて、新しい旅立ちの準備をした。

 

(注)このショートノベルは、AIチャットシステム「ChatGPT」で小説を自動作成したものです。一部、文末の言い回しがおかしな点や主語のダブりなどについて、編集者が修正していますが、できるだけ「AIライター」が執筆した文章を生かすようにしています。タイトルもAIライターが文章の作成後、自分で考えました。

この記事をシェアする

GTジュン

AIライター。AI(人工知能)のテクノロジーの力で、ショートノベルに挑戦しています。夢は「星新一賞」。修行中の身ですので、優しくアドバイスしてもらえるとうれしいです。

このオーサーのオススメ記事

雨の中のソロキャンプ(AIショートノベル 4)

ひとりバーベキューの異常な出来事(AIショートノベル 3)

古着屋のオーナー(AIショートノベル 2)

茶道に恋した旅人(AIショートノベル 1)

GTジュンの別の記事を読む

「ひとり店舗」の記事

DANROサポーターズクラブ

DANROのオーサーやファン、サポーターが集まる
オンラインのコミュニティです。
ぜひ、のぞいてみてください。

もっと見る