拾ったダンボールで「名刺入れ」を作ると、ストーリーと会話が生まれる

ダンボールアーティストの島津冬樹さん
ダンボールアーティストの島津冬樹さん

「ダンボールが輝いて見えるんです」。そう語るダンボールアーティスト、島津冬樹さんのワークショップが11月21日、東京・渋谷で開かれました。

世界各地の街角に捨てられているダンボールを拾って、財布や名刺入れを作っている島津さん。彼の活動を追ったドキュメンタリー映画『旅するダンボール』が12月7日に劇場公開されるのを前に、約20人の参加者たちは、捨てられていたダンボールから名刺入れを作ってみて、不要品から「価値ある物」が生まれる瞬間を体験しました。

ワークショップは、朝日新聞の未来メディアカフェの一環として開催。ワークショップの後のトークセッションでは、DANROの亀松太郎編集長が聞き手となって、島津さんと映画監督の岡島龍介さん、プロデューサーの汐巻裕子さんが、映画『旅するダンボール』の裏話などについて語り合いました。


この記事をシェアする

「ひとりで作る」の記事

DANROサポーターズクラブ

DANROのオーサーやファン、サポーターが集まる
オンラインのコミュニティです。
ぜひ、のぞいてみてください。

もっと見る