強制執行の後もひとりハンストをした元寮生(私と東大駒場寮 5)

原田さんが暮らしていた東大駒場寮の部屋
原田さんが暮らしていた東大駒場寮の部屋

東京大学の駒場キャンパス(東京都目黒区)にあった「駒場寮」。私は、2001年に取り壊されたその寮を撮った写真集の再制作のため、写真の使用許可を得ようと、過去に取材した元寮生を探している。今回は、当時部屋の写真を撮らせてくれた元寮生のひとりで、現在は元寮生が起業した会社で働く、原田元気(はらだ・げんき)さんを訪ねた。

現在の原田元気さん
現在の原田元気さん

抗議活動をしようと決めた日に「みんな寝坊した」

――元気さんも、(第4回で取り上げた)西さんと同じように、入学手続きの封筒に入っていた「駒場寮には近づかないでください」的な書類を見たんですよね? でも、駒場寮に入った。

原田:駒場寮が当時作っていた入寮パンフレットを見たんだよね。あれが結構よくできてて、面白そうだと思って。でも、現実は……パンフと比べると面白くなくて。やっぱり、大学側からも書面が配られたりとかがあって、入る人も非常に少なくて。

――2001年の8月に強制執行があって、寮生は寮を出ました。そのあと、一部の寮生が残って「テント村」を建設しましたよね。そして、テント村にカフェができて……元気さんは、そのカフェで、ひとりでハンガーストライキをしていましたよね?

原田:そうそう、2002年の3月くらいまではテント村に住んでたね。で、3月1日にハンストをはじめて…3月7日で終わったから7日間かな。普通のハンストって、塩と水だけっていうのが多いんだけど、立てこもってるのがカフェだから、コーヒーと紅茶とか、お茶関係はオッケーで、ほかはなし、ってことにした(笑)

砂糖はダメ。エネルギーだから。でも、今考えたら、危険だよね、マジで。

その当時、カフェの目の前が生協だったんですよね。そうすると、生協の前に、僕も愛用してた、日清のカップラーメンの自販機があって。それを、みんな目の前で食ってるから、うらやましくてしかたがなくて。ハンストが終わったら、絶対あれを食うんだ! って思ってました。

駒場寮の元寮生による「テント村」建設の様子(西優さん提供)
駒場寮の元寮生による「テント村」建設の様子(西優さん提供)
写真左手前、ガードマンが立っている前の草地部分が「テント村」建設地(駒場寮・明寮の跡地)。その向かい、大学生協の前にカップラーメンの自販機があった。(写真右部分)2001年8月撮影
写真左手前、ガードマンが立っている前の草地部分が「テント村」建設地(駒場寮・明寮の跡地)。その向かい、大学生協の前にカップラーメンの自販機があった。(写真右部分)2001年8月撮影

――そんな思いをしながら、ひとりでハンストを頑張っていたのに、「インパクトがない」と言われたと、「駒場寮同窓会会報」の記事にはありますが……。

原田:3月6日に、寮委員会で「ハンストしてるだけじゃインパクトが足りない。文科省前で抗議行動やろう」っていう話になったんだよね。でもさ、みんな、やっぱり寮生だから……寝坊して(笑)(筆者注:原田氏の話によれば、当時の駒場寮生は、時間を守らない人が多かった)

僕は、気がついたら、30人くらいの先生たちに、囲まれてて。「原田くん起きなさい!」って言われて。(笑)


この記事をシェアする

「ひとり思考」の記事

DANROサポーターズクラブ

DANROのオーサーやファン、サポーターが集まる
オンラインのコミュニティです。
ぜひ、のぞいてみてください。

もっと見る