安田純平さん「事実関係の説明ってすごく地味。でも…」ネット時代のリスクと情報発信(後編)

安田純平さん=斎藤大輔撮影
安田純平さん=斎藤大輔撮影

内戦中のシリアで武装勢力に拘束され、3年4カ月間、人質になっていたフリージャーナリストの安田純平さん。イラク戦争開始後の2004年にも、短期間ながらイラクで武装勢力に身柄を拘束されたことがあります。

イラク戦争は、紛争地域で拘束された人を非難する「自己責任論」が沸き起こったことでも知られます。それから14年が経った今、当時と比較して安田さんはどう思うのでしょうか。多くの情報は「危険な場所に行かなくてもネットで分かる」という時代、それでも現地に赴いて一次情報を入手する意義をどう考えるのでしょうか。インタビューの後編です。(取材・吉野太一郎/亀松太郎)

【インタビュー前編】安田純平さんが語る人質の孤独。それでもひとり紛争地から伝えたいこと

「日本は人質に金を払うと思われた」

――安田さんは2004年4月にも、イラクに入国した際、現地の武装勢力に一時拘束されたことがあります。前回と今回で日本社会の雰囲気の違いを感じることはありますか?

安田:イラクのときも拘束翌日に、具体的な根拠を何も示さずに、武装勢力から何か要求があったかのような書き方をされました。つまり「人質」という情報が世界中に流れ、ほぼ確定した事実になってしまいました。今回は「身代金が払われた」という報道が流れているので、反発する人は前回よりもかなり多いと思います。

今回、私を拘束した相手からは「日本は金を払う。だって、お前は前にも人質になって解放されたのだから」ということを言われてしまっているわけです。日本メディアと日本国民が世界中に向けて、私が「人質」だったという、はっきり言ってデマを流した結果、「日本は人質に金を払う」と思われてしまっている。そういう情報は慎重に流すべきだと思うんです。

今回、身代金を払ったという情報は「シリア人権監視団」というNGOだけが話の出どころですが、ほとんど確定した事実のように流れていて、報道機関もそこを引用しています。日頃メディアを信用しないと言っている人たちが、こういうときはメディアの報道を信じ、出所不明のNGOの情報を信じる。そういうことは昔も今も変わりません。

斎藤大輔撮影

――シリア人権監視団の情報の判断は難しいですね。アサド政権下で、公表されない民間の被害者に光を当ててきた団体なので、一定の信頼性はあります。

安田:そうですね。ただ、アサド政権における空爆被害は、現場に行けばかなり事実関係がはっきりしますけど、身代金が払われたかどうかは完全な内部情報ですから、まったく性質が違います。「身代金が払われた」というニュースリリースの中に、「実は4日前に解放されていたけれども、政治的な理由で発表が遅れた」と書いてある。これは完全にデマです。現地でそういう噂が流れている可能性はかなりあるし、彼ら自身が流している可能性もありますが、ほぼ確定した事実になってしまっている。


この記事をシェアする

「ひとり仕事」の記事

DANROサポーターズクラブ

DANROのオーサーやファン、サポーターが集まる
オンラインのコミュニティです。
ぜひ、のぞいてみてください。

もっと見る