孤独を楽しむスナフキンにぴったりのテーマ曲「おさびし山のうた」(いつも心にぼっち曲 4)

(イラスト・田中稲)

おさびし山のうた

1969年(昭和44年)、トーベ・ヤンソン作の小説「ムーミン」シリーズがアニメ化。そこでスナフキンが演奏、歌唱する形で使われた。作詞:井上ひさし 作曲:宇野誠一郎 歌:西本裕行

去年から続くコロナ禍でつくづく思ったのが「もっと旅をしておけばよかった」である。まさか国内すら、気軽に旅ができなくなる時代が来ようとは。

一人旅にはものすごい憧れがある。なのに、これまでプライベートで二泊以上の一人旅をしたのは東京のみ。仕事でも、一人で行ったのはたった6県。海外はゼロである。あまりにも狭い行動範囲。私の人生、ほぼ大阪-兵庫間をウロチョロして済んでいる。

しかも旅に行く前は必ず微熱や腹痛など軽く体調不良になる。「ああ、知らない街に行くんだわ」と考えるだけで緊張するのだ。絶望的なほどビビり!

多分この緊張は方向音痴からきている。2000年前半「話を聞かない男、地図が読めない女」という本がベストセラーになったが、まさに私は地図が読めない女。東西南北がサッパリ分からないのだ。

スマホのナビができてからかなり救われたが、過去、紙の地図を片手に「私は今どこにいるのーッ(泣)」と迷いまくったトラウマは頭の片隅に残ったままである。

しかも「地元で愛される系の食事処」に一人で入る度胸がない。

ということで、旅先ではたいてい日の高いうちに用事を済ませ、あとはホテルに閉じこもり、コンビニのチキンをかじって終わる。コンビニが周辺にない場合は、すきっ腹を抱え半泣きで寝る。

我ながら情けない。だからこそ憧れる。風のように一人旅を楽しめる人になりたい!

自由を愛するスナフキンと「おさびし山」というネーミングの妙

そんな私にとって「ムーミン」シリーズに出てくるスナフキンは理想である。

物を所有するのが嫌いで、持ち物はリュックサックひとつのみ。暖かい季節はムーミン谷の川辺にテントを張って暮らし、ムーミン谷の住人たちが冬眠に入る頃になると、南へと旅立つのだ。

愛用のハーモニカ(アニメではギター)を演奏しながらあちこち旅する。故郷はどこなの? と問われれば「言ってみれば地球かな」とニヒルに答える。なんという自由の達人! 

私が幼少の頃に放送されていたアニメ「ムーミン」で、スナフキンのテーマ曲として流れていたのが「おさびし山のうた」である。実は私はリアルタイムでは覚えておらず、大人になってから歌を知り、大好きになった。

「おさびし山よ われに語れ 君の強さのその訳を」

作家の井上ひさしさんが綴った歌詞はとても哲学的だ。「おさびし山」はムーミン谷の北東に位置する、星に一番近い山。高くそびえるこの山に、スナフキンは自分に近い孤独と、自分が求める強さを感じていたのかもしれない。

メロディーがズンチャカズンチャと勇ましいのも、孤高であることのプライドを漂わさせてステキだ。

そもそも「おさびし山」という、日本語訳が秀逸だと思う。翻訳は山室静さん。小説「ムーミン」シリーズの原典では「Ensliga bergen」(スウェーデン語)となっている。英語では「Lonely Mountains」。

さて、私なら日本語でどう訳しただろう。「孤独山」「ぼっち山」「さびし山」……。どれも悪くはないけれど、「おさびし」には勝てない。かわいくて凛としている。「お」がつくだけで、こんなに違うなんて! 

この「おさびし山」という言葉と、自由を愛するスナフキンとの相性の良さよ……。

スナフキンについては、小説の最終巻「ムーミン谷の十一月」にはこんな展開がある。

スナフキンがいつものように旅からムーミン谷に戻ると、ムーミン一家がいなくなっていた。スナフキンは戸惑い、しばらく音楽が浮かばなくなる。そこで彼は気づくのだ。「ムーミンたちといっしょのときは、自分ひとりになれる」と。

「自由」と「さびしさ」はセット。待っている人や理解者の存在があってこそ、一人が楽しいと思えるのかもなあ、と考えさせられた。

マルコの背中を押す「母をたずねて三千里」のオープニング

草原のマルコ

1976年(昭和51年)から放送された世界名作劇場「母をたずねて三千里」の主題歌。作詞:深沢一夫 作曲:坂田晃一 歌:大杉久美子

さて、スナフキンとはまた違ったタイプの孤独な旅人キャラが「母をたずねて三千里」のマルコである。

こちらは自由を愛して一人旅に出たのではなく、むしろ逆。ブエノスアイレスに出稼ぎに行ったまま音信不通になった母親を探す旅。ところがすれ違いが続き、1万2000キロを放浪するハメになる。いわば巻き込まれ事故みたいなものだ。

小さい頃は何も考えず観ていたが、大人になってオープニング映像を観ると、なんとも心細い。流れる雲、建物が一切見えない広い広い草原にぽつんと立つ幼いマルコ。アニメの設定では10才! こんな広い荒野にチビッ子一人なんて! 

バックに流れる主題歌「草原のマルコ」は、南米の民謡楽器の音色が印象深い名曲だ。

私はサントラを持っているが、BGMも含め、アンデスの風景が見えるような名盤である。ライナーノートは「母をたずねて三千里」の脚本を担当し「草原のマルコ」を作詞した深沢一夫さんが執筆。楽曲への想いと制作秘話が書かれていて、こちらもとても興味深い。

この作品の原作は、「クオレ」という小説(著者はエドモンド・デ・アミーチス)にある、たった数ページのエピソード。しかしアニメは一年間放送と決まっていたので、話を膨らませねばならない。そこで原作にない障害がガンガンマルコの旅に設定されていった。

その結果、マルコの旅は恐ろしく過酷になり、その行程はなんと耐久レース、パリ・ダカを遥かに凌いだという。

10才の男の子がパリ・ダカ超え! おいおい!!

いたいけなマルコ少年に難行苦行を課していくことに不安になったアニメの制作陣。思いついたのが応援歌(主題歌、挿入歌にマルコを応援する想いを乗せる)と応援団(ベッピーノ一座の存在)だったそうだ。

なるほど、「母をたずねて三千里」の楽曲は哀愁だけではなく力強さがあり、歌詞とメロディーがマルコの背中を押しているようだ。作り手のマルコへの愛情が名曲を生み、全52話の旅を成功させたのだ。なんと素晴らしい創造力の旅。

一人旅の上級者を目指したいが・・・

私も怖がってはいられない。妄想という名の心の旅は得意なのだから、いける! 自由を愛する心と一歩踏み出す勇気を持ち、ステキな音楽を胸に、一人旅の上級者を目指したい。

ただ、まだまだ時代はwithコロナ。ということで、とにかく経験値だけでも増やそうと、家から数駅先のホテルに一人で泊まるという、マイクロすぎるツーリズムを敢行してみた。

窓に広がる、見慣れた大阪の景色を見下ろし「これ、一人旅の訓練として意味があるのだろうか」と首をひねってしまった。

スナフキンとマルコには、まだまだほど遠い……。

この記事をシェアする

田中稲 (たなか・いね)

大阪の編集プロダクション・オフィステイクオーに所属し『刑事ドラマ・ミステリーがよくわかる警察入門』(実業之日本社)など多数に執筆参加。個人ではアイドル、昭和歌謡・ドラマ、世代研究、紅白歌合戦を中心に執筆。著書に『そろそろ日本の全世代についてまとめておこうか。』(青月社)『昭和歌謡 出る単 1008語』(誠文堂新光社)がある。CREA WEBにて「田中稲の勝手に再ブーム」を連載中。気が小さくて毎日がサプライズの連続。妄想力と不器用さで空回りしまくる日々を送る。

このオーサーのオススメ記事

ひきこもり先生の「心の音」が降ってくる…haruka nakamuraのポロン、ポロロン(いつも心にぼっち曲 5)

孤独を楽しむスナフキンにぴったりのテーマ曲「おさびし山のうた」(いつも心にぼっち曲 4)

世界が愛するひとりぽっちソング「上を向いて歩こう」(いつも心にぼっち曲 3)

恋って悲しいものなのだ。研ナオコ「窓ガラス」と「孤悲心」(いつも心にぼっち曲 2)

50を過ぎた今も「My Revolution」に奮い立つ。永遠に続く私革命(いつも心にぼっち曲 1)

田中稲の別の記事を読む

「ひとり趣味」の記事

DANROサポーターズクラブ

DANROのオーサーやファン、サポーターが集まる
オンラインのコミュニティです。
ぜひ、のぞいてみてください。

もっと見る