年収90万円でも「ハッピー」 32歳男子が過ごす「隠居生活」

年収90万円でも「ハッピー」 32歳男子が過ごす「隠居生活」

たとえ月収が数万円でも、都会で楽しく暮らすことができる。身をもってそれを証明しているのが、大原扁理(おおはら・へんり)さん(32)です。大原さんが「ハッピー」と表現する生活は、週2、3日のペースで働いて、あとは気ままに暮らすというもの。彼は、これを「隠居」と呼んでいます。

東京で6年間の「隠居生活」を送った後、台湾に移住した大原さんですが、現地でもほとんど変わらない暮らしをしているといいます。大原さんは、そのような暮らしのどんなところに幸せを感じているのでしょうか?

「自分はいくらあれば生きていけるのか」

ーー「隠居」生活というのは、具体的にどのようなものですか?

大原:仕事のない日は、朝8時ぐらいに起きて、まず部屋の空気を入れ替えます。顔を洗って白湯(さゆ)を飲んだら、ラジオ体操をしてから朝ご飯。その後は自由時間です。お昼ご飯を食べたら自由時間で、夜ご飯を食べた後も自由時間。ほとんどが自由時間ですね。

ーー仕事はどうしているのですか?

大原:東京にいたときは週に2日、介護の仕事をしていました。いま暮らしている台湾では、旅行雑誌のライターをしていて、1カ月働いたら2カ月休んでいます。全体の割合としては、日本にいたときと変わっていません。

ーーなぜ、そんな暮らしを始めたのでしょうか。

大原:あまり深く考えていなくて、「働くのが嫌」というだけだったんです。意味は後からついてくるというか、理由は後からついてくればいいかな、というのもありました。


この記事をシェアする

土井大輔 (どい・だいすけ)

ライター。小さな出版社を経て、ゲームメーカーに勤務。海外出張の日に寝坊し、飛行機に乗り遅れる(帰国後、始末書を提出)。丸7年間働いたところで、ようやく自分が会社勤めに向いていないことに気づき、独立した。趣味は、ひとり飲み歩きとノラ猫の写真を撮ること。好きなものは年老いた女将のいる居酒屋。

Twitter

このオーサーのオススメ記事

43歳のおっさん、100mを全力で走る!写真判定機で測ってみた!

新聞記者を辞めて俳優の道へ「カメ止め」出演の合田純奈さん「死ぬ直前に後悔したくない」

「10歳のころの自分が笑えるネタか」さかな芸人ハットリさんが大切にしていること

福島の「原子力災害伝承館」その周りには「なんでもない土地」が広がっていた

「いじりに負けたくない」冬でも「ホットパンツ+タンクトップ」で街を歩く理由

耳の聞こえない監督が撮った災害ドキュメンタリー「聞こえる人に心を閉ざしていた」

土井大輔の別の記事を読む

「ひとり生活」の記事

DANROサポーターズクラブ

DANROのオーサーやファン、サポーターが集まる
オンラインのコミュニティです。
ぜひ、のぞいてみてください。

もっと見る