ツイッターでは「感情的になった失敗もある」ZOZO前澤社長・会見全文(中)

ZOZOの前澤友作社長
ZOZOの前澤友作社長

「月周回旅行」の契約を米・スペースX社と結んだZOZOの前澤友作社長(42)が10月9日、外国特派員協会(東京・有楽町)で記者会見を開きました。

前澤社長は「月周回旅行」計画を9月に発表。2023年にスペースX社が開発を進める超大型ロケット「BFR」に乗って、世界的なアーティストと共に旅立つことを目指しています。

月周回旅行を前に、どんなトレーニングが行われるのか?「怖さ」は感じないのか? 記者から様々な質問がありました。3回に分けて紹介する前澤社長の会見全文の「中」を掲載します。

ZOZO前澤社長・会見全文・上】月に行ったら、いい仕事ができる

ZOZO前澤社長・会見全文・下】剛力彩芽さんも「月に行くチャンスがある」

月周回で一番楽しみなこと

質問(AFP通信の記者)すでにトレーニングは始まっているんですか? どういうトレーニングをこれから行わないといけないのでしょう? 宇宙に行くのは非常に危険だと思いますが、一番怖いことと一番楽しみに思っていることは何でしょうか?

前澤:トレーニングの内容についてはまだ一切決まっておりません。ただ、イーロン・マスクさんからは「そんなに過酷じゃないよ」とざっくり聞いています。ただ自分自身で思うのは、「必ず英語は必要になるかな」ということです。基本的に人間ドックは毎年行っていますし、「そういうところに異常がなければ、まず問題ないよ」と簡単に聞いていますが、具体的にはまだ決まってません。

「危険」「怖い」だとか、そういうことを言い始めたらキリがないので、まだ気にしないようにしていますが、今回は僕だけじゃなくてアーティストもお連れするので、当然、安全面はそれなりの担保がないと、僕も「さあ、行きましょう」とは言えませんから、スペースX社と安全面の話はしていきたいと思います。


この記事をシェアする

「ひとり仕事」の記事

DANROサポーターズクラブ

DANROのオーサーやファン、サポーターが集まる
オンラインのコミュニティです。
ぜひ、のぞいてみてください。

もっと見る