創業155年、服装チェックあり モナコ伝統のカジノに行ってみた

カジノ・ド・モンテカルロの外観=吉野太一郎撮影
カジノ・ド・モンテカルロの外観=吉野太一郎撮影

バーチャルカーレース「グランツーリスモ」の世界大会を取材するため訪れたモナコ。

モナコと言えばカジノです。ギャンブル大好きな同行者が初日から誘ってきます。

個人的にギャンブルはまったくやりません。麻雀、競馬、パチンコは高校、大学時代に通過儀礼として一通り手を出しましたが、初期の段階でまったく才能がないことを思い知らされ、のめり込む前に撤退しました。

ただ、カジノはモナコの数少ない観光名所でもあります。せっかく来たのだからと、カーレース終了後に、日本からの同行者3人と一緒に訪ねてみました。(取材・吉野太一郎)

断崖絶壁に建物が張り付くモナコの街=吉野太一郎撮影

人口約3万人。面積は、東京ディズニーリゾート2個分にあたる約2平方キロメートル。地中海に面した断崖絶壁の小国を、観光大国に変えたのはカジノでした。1863年に建てられた歴史ある「カジノ・ド・モンテカルロ」はかつて国家収入に多大な恩恵をもたらし、今もモナコの中心で富裕層や観光客を引き寄せています。

入り口には「黒服」が=吉野太一郎撮影

カジノは系列の他のホテルにもありますが、ここだけはドレスチェックがあり、入り口に服装チェックの「黒服」が立っています。公式サイトには「ジャケットとネクタイ必須」と書かれています。ネットの画像を見ていると、蝶ネクタイの超正装ばかり写っているので、びびって東京からいちばんいいやつを持参してきました。


この記事をシェアする

「ひとり体験」の記事

DANROサポーターズクラブ

DANROのオーサーやファン、サポーターが集まる
オンラインのコミュニティです。
ぜひ、のぞいてみてください。

もっと見る